Visual Studio Codeの初期設定のやり方

今回はPythonのソースコードを書くエディタ「Visual Studio Code」の画面紹介やフォルダ、ファイル設定からソースコードの入力、実行までの基本を書き留めていきます。

スポンサーリンク


Visual Studio Codeの画面紹介

始めにVisual Studio Codeの画面を紹介します。Visual Studio Codeをインストールして初めての起動後には「2.パネル・ターミナル」「4.サイドバー」が表示されていません。

1.エディタプログラムを書くスペース。ファイル毎のタブを選択可能
2.パネル・ターミナル統合ターミナル。プログラムの実行や実行結果・エラーが表示
3.ステータスバーエディタ内の警告やエラー数、プログラムの列、使用している言語モードの表示
4.サイドバービューバーで選択した情報が表示
5.ビューバーエクスプローラー、検索、Git、デバック、拡張機能のアイコンが表示されています。アイコンを選択後サイドバーに情報が表示
6.メニューバーファイルを開くなどVisual Studio Codeの基本設定を変更できます

パネル・統合ターミナルを表示させる

メニューバーから「表示」を選択して「統合ターミナル」を選択します。

作業フォルダーの設定・作り方

続いて作業フォルダーの作成をします。

ハードディスクの中で自分が管理しやすい場所に「Python」フォルダーを作成

ビューバーの「エクスプローラー」を選択

フォルダーを開くを選択後、作成した「Python」フォルダーを選択

Pythonのフォルダーが表示されます。

作業フォルダーにマウスポインターを移動するとアイコンが表示されるので「新しいファイル」を選択します。

好きなファイル名をつけます。

「好きなファイル名.py」ファイルの拡張子は.pyと入力してください。

以上が作業フォルダー・ソースコードファイルの作成手順になります。

Python用の拡張機能をインストール

初めて拡張子「py」のファイルを作成すると「”Python”拡張機能のインストールをおすすめします。」と情報バーが表示されるので「推奨事項を表示」を選択します。その後サイドバーにPythonの拡張機能インストールが表示されるので選択します。

またビューバーの拡張機能から検索バー内に「Python」と入力することで拡張機能がインストールできます。

ソースコードを入力・実行

フォルダ設定、ファイルの作成を終えたら続いてプログラムを書いて実行してみましょう。

エディタ内に

print("Hello world")

と入力して保存(ctrl+S)します。

Visual Studio Codeでは入力補助機能で「(」を入力することで「)」を自動入力されたり「”」(ダブルクォート)と入力すると「”」が追加されます。また「pri」と入力するとその関数の候補が表示されることもあり、とても便利で初心者からプログラムを書くことに慣れている方まで有難い機能が備わっています。

続いてパネル・ターミナル画面に出力したいフォルダ名とファイル名を入力します。

エディタに書き込んだHello world(水色線)が実行されました。

プログラムを書いて保存しないまま実行すると保存前のファイルを実行してしまうため、パネル・ターミナル内の1.2行目のように空のファイルを読み込み何も表示されない結果になるので、プログラムを書いたら実行する前に保存をしましょう。

エラーが表示されたら

プログラムが間違えたまま実行されると

パネル・ターミナルにはエラー内容が表示されます。

画像内のエラー内容は「ファイル”test.py”の1行目関数が間違えてるよ。」というお知らせになります。修正して正しいプログラムを再度入力しましょう。

さいごにまとめ

簡単な説明でしたが前回の記事を含めPython開発環境の整えは以上になります。

Python・Visual Studio CodeのインストールやSetup方法は以下のリンクをご覧ください。

Visual Studio Codeを利用してPythonの開発環境を整える方法
今回はPython(パイソン)のインストール方法やソースコードを書くためのエディタ「Visual Studio Code...

スポンサーリンク
Visual Studio Codeの初期設定のやり方
この記事をお届けした
俺wiki.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク



シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローはこちらから